kinconeとは?

タッチで勤怠管理

出勤時と退勤時に従業員がIC定期券をタッチするだけで勤怠情報を管理。

かんたん交通費精算

利用した交通機関の情報も同時に読み取り、交通費精算にかかる労力を削減。

導入もスピーディ

カードリーダーとiOS端末、もしくはNFC対応Android端末だけで運用開始。導入コストも最小限に抑えます。

月額200円の低コスト

わずか月額200円(従業員1名あたり)で、毎月の見えないコストを削減。


定期券タッチで勤怠情報と交通費情報を読み取り。
クラウド管理で毎月のコストを削減します。

IC定期券をタッチして勤怠情報と交通費情報を読み取り、クラウドで管理

外出の多い営業担当が毎月の交通費をExcelにまとめ、紙に出力して経理担当へ提出。経理担当は紙を見ながら一つずつチェック。kinconeはこのような毎月の“見えないコスト”を大幅に削減します。

kinconeアプリをインストールしたスマートフォンをタイムレコーダーとして利用。従業員がSuicaやPASMO、モバイルSuicaなどのIC定期券をタッチするだけで、出勤/退勤時間と交通費情報を同時に読み取ります。


iOS端末とAndroid端末に対応

kinconeでは、お客様のお手持ちの端末に合わせiOS版Android版に対応しています。(Android版にはNFC機能付き端末が必要です。)

※iOS版kincone動作端末:iPhone 6 Plus, iPhone 6, iPhone 5s, iPhone 5c, iPhone 5, iPhone 4S, iPad Air, iPad(第3世代~), iPad mini Retinaディスプレイモデル, iPad mini, iPod touch(第5世代~)
※Android版kinconeはNFC機能付端末が必要です。動作確認端末についてはこちらをご覧ください。

iOS端末とAndroid端末に対応

使い方は簡単

Suica、PASMOなどの交通系ICカードをスマートフォンやFeliCaリーダーにタッチし、「キンコン♪」と鳴ったら読み取り完了。
出勤/退勤の打刻と交通費情報を同時に読み取りますが、交通費のみの読み取りも可能です。

※一部を除く全国の交通系ICカードに対応しております。
※PITAPAのポストペイでご利用になった区間には対応しておりません。
※従業員の方はICカードのみご用意ください。


kintone連携でもっと便利に

もっと便利なkintone連携をおこなえば、ワークフロー(社内申請管理)機能やシフト管理もkintoneで構築可能です。

※kintone連携を行う場合kintone スタンダードコース(https://kintone.cybozu.com/jp/price/)のご契約が必要です。

kintone(キントーン)

kintoneとは?

kintone(キントーン)は、サイボウズ社のクラウド型Webデータベース。データや業務プロセスの管理に便利なWebデータベース型アプリを作ったり、ディスカッションやアイデア共有なども行えます。kintone導入もあわせてご相談ください。

料金プラン

利用料金は1アカウント(1従業員)あたり月額200円。従業員10名の規模ならわずか2,000円程度で毎月の見えない労力コストを大幅に削減することができます。

今なら最大2ヶ月、月額費用を無料でお試しいただけます。

月額料金 ¥200/1従業員
勤怠管理
交通費精算

※kintone連携を行う場合kintone スタンダードコース(https://kintone.cybozu.com/jp/price/)のご契約が必要です。


kintone連携によるカスタマイズ例
  • プロジェクト管理機能と勤怠情報を合わせて工数の予実管理に活用
  • 交通費と案件を紐づけて原価管理に活用
  • シフトをkintoneで作成して予実管理

※カスタマイズには別途費用が発生いたします。

導入企業例


お申込み・お問合せ

kinconeに関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
今なら最大2ヶ月(お申込み日の翌月末まで)、月額費用を無料でお試しいただけます

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。